やや単価が高いクラウドワークス

 

クラウドワークスの仕事(主にタスク形式の依頼によるものでライティングが多め)はランサーズと比較してやや単価が高い傾向があります。

タスクの仕事は交渉が不要でスピーディに仕事に取り組むことができるメリットが有り、1文字0.5円を越す仕事も多く見られる点は大きなメリットです。

 

ただし毎日平均的にこういった仕事があるわけではないため、交渉の必要があったり、依頼元から選ばれない可能性もありますがプロジェクトの仕事をしたり、ランサーズと併用して仕事を行うのも良いでしょう。

 

また、簡単な入力のタスク依頼はややランサーズの方が多いようにも見えますが、クラウドワークス自体が少ないということもなく問題はないでしょう。

大学などが行うアンケート系の仕事は体感的にランサーズとクラウドワークスではほぼ同等と言える頻度(2ヶ月1回前後)での依頼があります。

 

また、極端に安い仕事がないこともクラウドワークスならではの利点で、ランサーズに見られた2000文字50円等の仕事は見られません。

また、クラウドワークスのメリットとして非承認の仕事のやり直しがある程度できるところが大きいです。

 

非承認になっても文章の間違った部分を治して再提出して承認というケースも多いです。

ただし最近は減りましたがクラウドワークスで単発の2000文字のライティングの仕事を募集し、賃金を支払えないという非承認にしてから依頼元がクラウドワークスを退会してやり直しが効かなくなるというケースもあったので注意が必要です。

 

最大の違いは支払い方法

 

在宅ワークをされたい方にクラウドワークスはぴったりです。

クラウドワークスの特徴は、どのクラウドソーシングサービスよりも仕事内容(種類)が充実していて、依頼数も圧倒的に多いということです。

 

そのため、初心者の方(特に技術を持たない)から始められるタスク作業は1番量が多いのですが、ここから初めて、徐々に文章能力をつけ、クライアントからの依頼をもらうことができるようになれば、報酬がアップし、外デパートなどで働くよりも稼げます。

また、既に技術や知識がある方に関しては、翻訳、デザイン系、それに開発系など、様々な種類の仕事依頼があるので、プロの方も十分に利用可能です。

 

ランサーズとの違いはその仕事の件数もそうなのですが、支払い方法にもあります。

というのも、最近からこの貯まった報酬を半年までしかセーブできないようになりました。

 

ランサーズは半年経つものを自動的に振り込むようにしていますが、クラウドワークスはマニュアルで支払い依頼をしなければならないので、それを見逃すと、あなたが稼いだ報酬はすべて水の泡になってしまいます。

ただ、気をつければそんな風にならないので、小さなデメリットです。

 

私自身、海外で何か在宅の仕事を始められないかと考え、ネットでクラウドワークスが見つかり登録しました。

最初の内はライティング業務で仕事選びがわからず稼げませんでしたが、自分が得意なこと(旅行に詳しいなら旅行のことなど)を記事にし、徐々に新しいテーマにも手を付けていくと、知識が増えてきてできる仕事も増えます。

 

徐々に自分の仕事幅を広げていけば、クライアントさんから直接依頼をもらうことができ、在宅でも十分に稼ぐことができます。

 

クラウドワークスの案件について物申す

 

2012年からクラウドワークスを利用し、月間報酬金額10万円を平均して稼いでいるライターです。

 

まず、クラウドワークスのメリットとしてPC画面での仕事メニュー、報酬金額の確認がしやすいという点。

これは個人差もありますが、視認性の良さでは遥かにランサーズより良いと思います。

 

また、報酬の出金方法にクイック出金という方式が導入され、出金申請から指定口座への入金まで最短2日で完了するシステムがあります。

 

案件の数で言うと、最近になってキュレーションサイト、まとめサイトなどの需要が激減したため、簡単なリライト程度の文章で食い繋いでいたライターの採用率の低下と、報酬額の激減が顕著となりました。

 

もしもライターでの登録をお考えの場合、新着案件の一部が詐欺サイトの記事作成など違法案件となるため、注意が必要です。

(※もちろんまともな案件も多くあります。)

 

デメリットとしては、上記で書いたように違法案件が多数見受けられるようになったことでしょう。

 

さらにランサーズと異なり、AIによる違法案件の削除などが進んでおらず、新規で登録される方には見分けがつかないことも多々あるかと思います。

迷った際には、ユーザー同士の相談所もあるため質問も可能です。

 

最近ランサーズに登録しましたが、採用率の高さでは、ランサーズよりクラウドワークスと言えますが、報酬面ではランサーズが上と感じます。

 

お試しでクラウドソーシングで仕事をしてみるには、クラウドワークス

クラウドワークスで実績を作った後、ランサーズで報酬額の高い案件に応募という流れでも良いかと思います。