Uber配達ドライバーについて知っておきたいコト

 

最初に、Uber配達ドライバーの仕組みを説明します。

 

● 仕事の流れ

 

まず、ユーザーが注文した時点でスタートです。

( ※ HP: https://www.uber.com/ja-JP/drive/delivery/

 

次に、お店側のアプリに注文が入った旨の通知が届き、店の近くにいる配達ドライバーを自動で探して指名します。

 

Uber配達ドライバーもアプリを使用していて、このアプリをオンラインにしておけば店からの依頼が届きます。

そしてその配達の仕事を受けるかどうかも選ぶことが出来ます。

 

今は、ちょっと無理だなぁ… 」と用事があるときには拒否することも可能です。

 

仕事を引き受けた場合は店に足を運んで商品を受け取り、ユーザーに届けるといった流れになります。

 

● 報酬体系

 

給料については『 完全歩合制 』で配達した件数により決定します。

 

配達の距離でも多少異なりますが、1件の配達で『 600円〜900円 』が相場です。

 

● 仕事の始め方

 

そんなUber配達ドライバーの始め方はWebからアカウントを登録して、その際に免許書などの身分証をスマホで撮って画像を送信します。

 

その後に1度説明会に行く必要があります。

場所は東京、横浜、大阪、京都、神戸、名古屋、福岡から選べます。

 

そして説明を受けた当日から働くことが出来ます。

 

● メリット

 

Uber配達ドライバーの特徴は働きたい時にだけ働くことが出来る点です。

 

副業やバイトにも最適ですし、慣れたら時給換算すると1200円から1800円程稼ぐことが可能です。

配達員の仕事で生活をしているといったフリーターの人も少なくありません。

 

この仕事のメリットは好きな時に好きな時間だけ働けて、報酬の支払いは週払いなのですぐに現金を手にすることが出来ます。

 

あと面接がないので働く『 意欲があれば誰でもできる 』のが魅力です。

 

● 注意点

 

注意点として知っておいて欲しいのは運ぶ商品の『 量や重さは関係ない 』ことです。

 

件数と距離で計算されるので注文が多い場合でも少ない場合でも金額は同じです。

ちょっと割りに合わないなんて思う時もあります。

 

あと報酬は仕事する時間帯、地域により違うので自分が住んでいる地域の情報をチェックしてみて下さい。

 

詳しく知りたい!Uberの配達員はどんな仕事?Q&A

 

荷物を運ぶ時に自動車やバイク、自転車を使っている光景は見た事がある人は多いと思います。

 

大抵は専属のスタッフか運送業者に依頼しているので自分には無縁の話で思うでしょうが、荷物運びで収入を得たいと思う人はいるでしょう。

近年では手軽に配達員へとなれるサービスも用意されており、その内の1社が今回ご紹介のUberです。

 

Q: メリットは?

 

A: Uberのメリットとして働く時間は自由に決められる事です。

平日の午前中だけ働きたい、休日の間だけ働きたい、仕事終わりの時間を使って働きたい等の要望があっても問題ありません。

 

運送の仕事はしたいけど、本業ではなく隙間時間を活かしたい時にだけ働きたい人にはまさにうってつけです。

 

Q: 必要な物は?

 

A: Uberでは自転車・原付バイク・車を持っていれば問題ありません。

車を持っていない人でも利用出来ますが、車が必要でも車を持っていない場合にはUberから車両レンタルで車を借りる事も可能です。

 

Q: 配達員になる為には?

 

A: Uberのユーザー会員になった後に配達員として登録します。

一度説明会に行く必要がありますが、その後はUber配達員として活動できます。

 

Q: 依頼内容は?

 

A: Uberの配達員の仕事内容は様々です。

料理のデリバリー、タクシー※と同様にお客様を目的地へ送迎、荷物を会社やお客様の元へ運搬等

(※ 人の送迎は、第二種運転免許が必要となります。)

 

同じUberでも依頼内容は違ってくるので自分の条件に合った仕事を選んで受注を受ける事になります。

 

Q: 報酬は何時頃支払われる?

 

A: Uberで得た報酬は週単位で支払われます。

支払い履歴もアプリを介して確認出来ます。

 

Q: 気をつけたい事は?

 

A: Uberではサポート体制も用意されているので、トラブルや相談にも対応は出来るのでそちらは問題ありません。

問題なのはUberに対応しているか否かです。

 

Uber自体は日本でもまだ東京・大阪・愛知・福岡等一部の地域かつ都市部での募集が多いです。

配達員の登録は出来ても、Uberへの登録しているお店やサービスがなければ注文自体を受ける事が出来ません。

 

極端な話、地域格差が最も現れやすい仕事です。

 

Uberは登録自体は簡単で隙間時間を活かして収入を得たい人にはピッタリな仕事です。

ですが、先述の通り注文次第で仕事の受注率は変動するので不安定と言えば不安定です。

 

Uber登録済のお店を確認する事は出来るので、事前に自分の住んでいる地域で仕事があるかどうかチェックしましょう。

 

Uber配達員で稼ぐ!使うなら自転車と自家用車どちらが良い?

 

徐々に人気が出ているデリバリーサービス『 Uber Eats 』。

注文するお客さん側だけでなく、配達員も新しい働き方として注目されています。

 

1日に配達した数が多かったり雨天時などの『 配達員の少ない日はボーナスが付く 』事もあるため更に稼ぎやすくなったりと、一般的なアルバイトとは全く違う感覚で楽しみながら稼ぐことができます。

 

Uber配達ドライバーで働く場合は、自転車、バイク、自動車から配達に使う乗り物を選ぶ事ができます。

それぞれの超短所を見ていきましょう。

 

● 車にも短所がある

 

前述したように配達すればするほどお給料が上がるシステムなので、一見自動車が一番良さそうに思えますが一概にそうとは言えません。

 

というのも、まずエリアによって自動車での配達がNGのところがあるからです。

自動車OKのエリアでも、配達に自動車を使う場合は身分証や免許証と車の保険関係の書類を提出しなければなりません。

 

また仕事として車を使う事になるので、ナンバーを登録する必要もあったりと配達できるまでの手続きが多いです。

 

● 都会はバイクが稼ぎやすい

 

更に、現在Uber配達ドライバーを雇っている場所の多くが都会であるため、車での配達よりも自転車やバイクの方が早く配達できる場合も多いです。

 

特にバイクなら、Uber配達で利用できるのは125cc以下の原付バイクなので自動車免許だけでも運転可能です。

登録も車ほど面倒ではないので始めやすく稼ぎやすいです。

 

● 自転車は体力勝負

 

もちろん自転車ならナンバー登録などは一切必要ないので一番始めやすいです。

ただが、数をこなす場合は体力的な限界もあるので高収入を得ようと思うと難しい場合が多いです。

 

以上のようにそれぞれにメリット・デメリットがあるので、自分が使いやすいものを選んで配達する事が稼ぐカギになります。

 

Uber配達員公式ページ