現在はインターネットが一般化していることから、サラリーマンでもフリーランス(個人事業主)として仕事をすることが容易になっています。

また、企業の間でも従業員に副業を認めるところが増えています。そんなフリーランスのために提供されているサービスが「フリーナンス(FREENANCE)」です。

 

フリーナンスは「フリーランス」+「ファイナンス(資金調達)」の造語であり、フリーランスにとって重要となるお金と信用の問題を解決する手段になっています。

 

フリーナンスのメリット

 

フリーナンスでは主に以下の3つのメリットを得られます。

 

1.振込専用口座の開設

 

フリーナンスを使う大きなメリットは、仕事用の「振込専用口座」を開設できることです。

仕事をすれば当然、代金を振込んでもらうための銀行口座が必要です。

 

その場合、「普通口座」でも問題ありませんが、「本名とは違うサブネームで仕事をしたい」や、「普通口座を他人には知られたくない」ということがあります。

そんな時にフリーナンスを使うと、任意の名義で仕事専用の振込口座を開設できます。

 

2.安心補償による発注先への信頼増加

 

フリーナンスには、「フリーナンスあんしん補償」という保険のようなサービスがあります。

 

このサービスは、「仕事上のトラブルがあった時に、フリーランスに代わってフリーナンスが補償する」というものです。

 

フリーランスが何らかの事故を起こし、発注先から損害賠償を請求された時に、フリーナンスが代わって補償をしてもらえます。

そのことが発注先の確保にも繋がります。

 

3.回収の肩代わり

 

フリーナンスでは、発注者に代わって即日支払いを行ってくれます。

資金力の無いフリーランスにとっては、代金の早期回収は必須となります。

 

そんな時に、発注先への売掛債権をフリーナンスが肩代わりし、最短即日で口座に代金を振込んでくれます。

このことで、資金繰りの悪化を防げます。