naisyok2

 

インターネットが発達している今日、在宅ワーカーとして働き収入を得ている人がいても珍しくありません。

しかし在宅ワークはまだまだ発展途上の最中、収入源確保にはまだ不安もあるのも事実。

 

そこで今回は収入の足しにでもなればと在宅ワークの片手間に出来る内職を幾つかご紹介したいと思います。

お役に立ってくれれば幸いです。

 

内職その1「アンケート・モニターサイトへ登録」

現在の在宅ワーカーの大半以上はパソコンとスマートフォンを主に使っていると思います。

ならそれらを生かせる内職としてオススメなのがアンケート・モニターサイトへの登録です。

アンケートならばパソコンとスマートフォンさえ持っていれば何時でもどこでも依頼が有っても答えることが出来て時間の確保がしやすいです。

 

またモニターも実際に商品のサンプリングの感想を答えるだけですし物によっては良い意味で内容と反比例して高報酬を得ることだって可能です。

自身の小遣い稼ぎ程度で副収入が欲しいのなら最初にやってみる事をオススメします。

 

最初の単価は少ないですが、そこは「継続は力なり」の精神でこつこつ続けましょう。地道な回答がアンケートやモニター依頼増加で貰える報酬もその分倍になることも夢じゃありません。

 

内職その2「写真」

突然ですが写真を撮るのはお好きですか?お好きと言う方はそれを売ってみたいと思った事はありませんか?

 

売ってみたいと思ったならばまずはこちら「PIXTA(ピクスタ)」へ登録販売してみることをお勧めします。

 

こちらはサイトで登録すれば自分で撮った写真や動画を販売する事が出来るので写真が趣味の在宅ワーカーの人には趣味も満喫出来て収入も確保出来て一石二鳥です。

 

ただしこちらはどんなに高性能でもスマートフォンのカメラで撮影したものは不可と規約にありますのでデジカメや一眼レフ等をお持ちの方の場合に限りますのでご注意下さい。

こちら以外にも写真の登録販売を取り扱っているサイトは存在しますのでご自分で探してみるのもいいでしょう。

 

内職その3「データ入力」

パソコンを使うと言うことは例えインターネットだけの使用でも文字やデータを入力している作業です。

ならその技術を生かしてみる気はありませんか?そこで紹介したいのがデータ入力です。

 

こちらは主にExcelを使って指定されたデータ(主に住所、電話番号、店名等)を入力するというもので報酬は質より量と言った感じで単価は少なめな案件が多いですが慣れていけばその分数もこなせると思いますので根気よくやっていきましょう。

こちらも正確さを要されますが在宅なので人目を気にせずやれると思いますので納期に間に合える程度に自分のペースでやれば大丈夫と思います。

 

内職その4「文字起こし」

インタビュー動画や音声を文字に起こす作業ですが簡単そうに見えて労力と時間を割く(ベテランでも1件1~2時間かかる事もある)物で更に専門用語やインタビューアーの人の声や発音が聞き取りづらいと言った問題もあります。

 

比較的単価は高めな案件は多いですが中には足元を見すぎて時給換算しても安すぎな案件も存在しますのでこちらに関してはすぐに飛びつかずにじっくりと時給換算と労働時間を考えた上で取り組んで見る事を勧めます。

 

この様に内職と言ってもいろんな方法がございます。

メインの在宅の仕事に比べると少ないな…とお思いかもしれませんが敢えて言います。

 

たかが副収入、されど副収入

少しでもあると無いとでは懐の余裕が違ってきます。少しでも増やしておきたいと思うならこれらを参考に検討してみるのは如何でしょう?

 

資格なしでもOK。主婦力がお金を産む内職

自宅でお仕事をしたい!けれどこれといった資格や経験がない、という方は多いはず。

しかし、どんな方でも人の役に立つ知識やスキルがあります。それを眠られておくのはもったいないと思いませんか?

 

近年注目されている、「 ココナラ 」というクラウドサービスはご存知ですか?

こちらには、多くの主婦の方が登録して、自分の特技を売りにしたバラエティ豊かなサービスを展開しています。

 

例えば、料理上手な方であれば、「人数と予算に応じたパーティレシピの献立をつくります」といったサービス。

 

また、子どもを有名大学に入学させたお母さんによる「子どもの受験勉強に関する電話相談」。

旅行好きのママなら「子連れでもおすすめのお泊り旅行プランの作成」。

聞き上手な主婦の方による「日ごろのストレスや悩みを何でも聞きます」など。

 

登録した人の数だけサービスがある、多種多様な世界です。事務所も要りませんし、人に会うわけでもないので、高いスーツも入りません。パソコンが1台あればできるお仕事です。

 

既にPCをお持ちでしたら0円で開業できます。最初は大きな収入を得るのが難しいかもしれませんが、それでも、赤字で損をするということがありません。

 

サービスによっては匿名でお仕事できる場合もあります。リスクなく仕事ができるのはとても魅力ですよね。

一つ一つの依頼を大事にすることで次第に高い評価が得られ、口コミにより依頼件数が増えることもあるでしょう。

 

自宅に居ながらにして、お小遣いや生活費を稼いでいる人は数多くいます。ぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょうか!?

【手造り品の販売】楽しく趣味を活かして副収入

パートに出たいけれど、子供が小さかったりなど色々な理由で制限されている専業主婦は多いですよね。せっかくなら家に居る時間でお金を稼ぎたい、しかも苦にならず楽しく続けられたら最高です。

 

私がおすすめするのは、手作りのアクセサリーや小物を「 メルカリ 」というフリマアプリで売り、収入を得るというものです。

 

周りのママも数人ほど、これで結構お金を稼いでいます。今は100円ショップで、とても可愛い手芸材料がたくさん見つかります。

なるべく元手はかけたくないので、材料費は安く抑えたいもの。セリアは特に可愛い材料が種類も豊富に揃っています。大型店だと尚更です。

 

最初は手作りなんて難しそう…と躊躇してしまいそうですが、まずは1、2個、売るためではなく自分で使用する為に作ってみるのが良いと思います。

簡単なものならネット上に作り方が色々紹介されています。それで「他にも色々作ってみたい!」という気持ちになったら、まずは初心者向けのハンドメイドの本などを見ながらどんどん新しい物作りに挑戦していけば良いのです。

 

私の周りではビーズやレジンを使用したアクセサリーが人気商品です。アクセサリーは小さいので送料があまりかからないのも良いですよね。

 

ただし気を付けたいのは、あくまでも手作り品であるということを購入者に納得してもらうことです。

 

手作り品であることを明記したうえで、「完璧を求めるお客様の購入はご遠慮ください」や「光の加減で写真とは若干の誤差があります」など表記し、できる限りクレームにつながらない対策が必要です。

 

材料は同じでもデザインは無限なのが手作りの楽しいところです。そしてそれを気に入って購入してもらえたら、ものすごく嬉しいです。

家に居ながら、空いた時間に一人でも、友達と集まって子供たちを遊ばせながらでも、楽しみながら手作りするのは癒しの時間にもなります。

 

売れなくたって、自分で使用したり、知人へのプレゼントにしたり使い道色々です♪

人助けの在宅ワーク「モーニングコール」

内職というと、やっぱりシールを黙々と一人で張ったりする作業などがまず一番に頭に思い浮かぶかと思います。しかし、こうした地道な作業系は、一つ一つの単価がかなり安いので、大量にこなしていかないと、まとまったお金を稼ぐ事は難しいでしょう。

 

意外と高く稼げる在宅ワークに、モーニングコールを掛けるという仕事があります。

これは、朝なかなか起きれなかったりする人に対して、直接電話を掛けて起こしてあげるという仕事です。先ほど紹介しました「 ココナラ 」で請け負うことが可能です。

 

他に頼れる人がいない方に対しての仕事ですから、責任を持って指定された時間にモーニングコールをする必要があります。

もちろん、早朝などの依頼者もありますから、早起きが苦手だったりすると、長続きしないかもしれません。

 

しかし、きちんと起床出来るタイプの人であれば、家族を起こしてあげる延長上と考えれば苦ではないと思います。

大切な仕事に遅刻しないための、人助けと思えばさほど抵抗はないと思います。

そうはいっても、見ず知らずの相手に直接電話をかけるのですから、そうした点に対する抵抗がないかも先に肝に銘じておきましょう。

 

知らない相手との会話といった点では、他人の愚痴を聞くという仕事もあります。

これは、とにかく相手の不満を聞くので、それなりに忍耐力が必要かもしれません。

 

人の悪口などを聞いて、良い気分になる人はますいないでしょう。ですから、こうした他人のイライラを聞くことが、段々とストレスになってしまうと長続きしないかもしれません。

しかし、どちらの仕事も自宅にいながらの人助けだと思えば、立派な仕事ですし高収入にも繋がるでしょう。

ジグソーパズル作成代行の内職

ジグソーパズルの作成代行は某テレビ番組で珍・内職として紹介されたこともあり、秘かに注目されています。ジグソーパズルが好きな方なら、まさに趣味が仕事になる理想の内職です。

 

パズル好きからみると、自分で組み立ててこそ楽しいのに、わざわざお金を払って頼む人がいるのか不思議ですが、チャレンジしたものの途中で放棄してしまったり、プレゼントされたけれど自分で組み立てる時間はない、でも完成品は飾りたい、という方が案外たくさんいるんです。

 

仕事の流れは、依頼者からパズルを受け取る→パズルが全ピース揃っているか数を確認する(トラブル防止のため、確認してから送ってもらう場合もあります)→組み立てる→オプションで完成品を額縁に入れる、ギフト包装するなどのサービスを行う→梱包・発送、というようになっています。

①パズルを受け取る

②ピースが揃っているか確認

③組み立てる

④完成品を額縁に入れる

⑤梱包・発送

気になる料金相場は1ピース1円~。納期によっても変わってきます。実際に依頼する人はまだ少ないながら、クリスマス、お正月の後は需要が多いです。

 

ジグソーパズル作成代行は、アルバイト求人はまずありません。実際にお仕事をされている方は、「 ココナラ 」を使って個人で請け負っています。

うまく仕事を得られたら、自分のペースですすめられるのは大きな魅力です。ジグソーパズル好きなら、一度考えてみては?

【悩みを聞く内職】相談対応の仕事を行ってみよう

珍しい在宅の仕事でお金を稼ぎたいときには、悩み相談の仕事に注目してみてください。

 

多くの方が色々な悩みを抱えていますが、意外と知人に相談できないものです。

身近な人たちに相談すると、どう思われてしまうのか不安になったり、秘密を知られてしまうのが怖い人もたくさんいるので、会ったことがない見ず知らずの他人に話を聞いてもらいたいという方もたくさん存在しているのです。

 

相談を受ける時、相手の方に意見を言うのではなく、ひたすら聞いてあげたり、同意してあげると相手はストレスを解消することができます。

 

同調することで、不安な気持ちを改善することができ安心を得られるようになるのです。

また、じっと聞いてあげれば今まで溜まっていたうっぷんを晴らすことができるので、鬱の防止にも役立つことができるでしょう。

 

人の悩み相談は、大きな需要が存在していますがもっと大きな収入を得たいと考える方は、占いの勉強をしてみるのもお勧めです。

占いを勉強することで、専門サイトに登録できるようになりますが、その結果いつでも好きな時に働くことができるのです。電話を通して占うようにすれば、家から出ることなく稼ぐことができます。

 

また、短時間で高い収入を得られるようになるので、効率的に働くことができるでしょう。

人の話を聞くことに抵抗を感じなかったり、困っている人を一人でも助けたいという気持ちを持っている人は、相談の仕事を行ってみると副収入を得られやすくなってきます。

【ネット占い師】ユニークな在宅での職業です

自宅で仕事をしたい!、という女性は大変多いですね。また、最近では、インターネットが爆発的に普及するに伴い、さまざまなネット副業であふれています。

しかし、自分に合う仕事がない、と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで、おすすめなのが「ネット占い師」の在宅のお仕事です。

ネット占い師の仕事は、主に、「 ココナラ 」というクラウドソーシングで請け負います。電話鑑定、チャット鑑定、そしてメール鑑定など、さまざまな鑑定方法があります。

 

占い師の仕事、というと、自分には霊感がないので、できそうにない、というイメージを持っている方もほとんどだと思います。しかし、占い師としてデビューするために資格などは一切必要がありません。

その日から、「占い師です」、と名乗ってしまえば占い師として働くことができるのです。

 

また、最近では、独学で占いを学んでいるという方も非常に多く、占いスクール、講座なども存在しています。

こういった占いスクールで学び、基本的な占術などを学ぶと、ネット占い師として活躍することは十分に可能となっています。

 

占いに興味のある方は非常に増えていますが、占い師のなり手はそれほどいない、というのが現状です。

 

このため、この先も需要が期待することができる職業であります。

在宅で面白そうな仕事、自分にしかできない仕事、というものをお探しであれば、占い師の仕事は最適であるといえるでしょう。

【添削の内職】家にいながら頭脳を使うお仕事を!

仕事といえば勤務地に出向いて行う作業をイメージされる方が多いと思いますが、最近では働き方も多様になり、自宅でもできる仕事が増えてきています。

特に子育てをしている主婦の方や妊娠中で定期的に外に出て仕事をするのが困難な方などには在宅で仕事ができるのは強い味方です。

 

そこで今回ご紹介したいのが「添削」の在宅ワークです。

 

公文式や赤ペン先生などは一度は耳にしたことがある方が多いと思いますが、このような学生の宿題や課題に対して丸つけをしたり、添削を施す仕事が今や在宅でできるようになっています。

 

特におすすめなのが小論文の添削依頼です。

最近では大学受験をはじめとして小論文を試験に課すところも増えてきました。それに伴い小論文対策をする塾などが増えてきていますが、ただでさえ自分の授業を持っているのに小論文まで添削するとなると非常にコストがかかってしまいます。そこで一定のガイドラインを与え、それに沿って添削をしてくれる人を募集するところも増えてきています。

 

小論文は自宅に送られてきたり事務所に取りに行ったりと様々ですが、一旦受け取ってしまえばあとは自分の時間の都合を見ながら添削作業を進められます。

報酬も1枚あたりいくらと決まっているところが多いようで、量をこなせばそれなりの収入になります。

 

小論文添削であれば単純作業にはならず、こんな文章を書く学生がいるのか、と自分自身も勉強になるでしょう。

在宅ワークというと機械的で無機質なものになりがちですが、小論文の添削は新たな発見の連続で刺激あふれること間違いなしです。

ぜひチェックしてほしい在宅ワーク4選

最近は、在宅ワークで収入を得る女性が増えてきていますね。今回は、そんな自宅で仕事したい女性に向けてぜひチェックしてほしい在宅ワークを4つご紹介いたします。

1.デザイン

自分のスキルに加えることができれば大変心強いのがデザインスキルです。

POPデザインやロゴデザインの案件はどこでも見つけられますし、いざとなればツブシが効きます。選択肢を大幅に広げられますよ。

2.ブログ収入

在宅ライティングをしていた人なら特に始めやすいのがコレ。

広告がクリックされることで収入が発生するアドセンス広告や、PVに応じて(広告が表示されるのに応じて)収入が発生するインプレッション型広告などを通じて、ブログから収入を得る方法です。

 

もとからブログを持っている人なら、ただ貼るだけでいいので簡単ですし、そうでない人も、今はブログを手軽に作れるサービスがあるので困ることはないでしょう。

このほかブログではアフィリエイトなども強いので是非チェックしてみてください。

3.ハンドメイド制作

ハンドメイドのアクセサリなどを制作して、ネットで委託販売する方法です。

手造りの作品は世界でたった一つだけのものですから、売るだけでなく自分でつけたり、誰かの誕生日などに送ったりするのも、素敵な方法だと思います。

4.ネットショップ

自分のネットショップを開設するサービスがあり、それを利用することで自分の制作したコンテンツを売ることができます。

小説を書いて販売してもいいですし、何か特殊な技術があればそれを情報商材として販売してもいいでしょう。

 

またネットショップを利用した副業にドロップシッピングというものもあるので、こちらも興味があればチェックしてみてください。

在宅ワークにもたくさん種類があるので、ぜひ色々試してみてくださいね。

【動画作成の内職】子供向け動画を撮影してみませんか

在宅ワークってすごく地味なものが多くて、何か面白く楽しくできるような在宅ワークがあればと思ってしまいますよね。

私もそのうちの一人で、ライターの仕事ばかりだと、文ばっかり売っているので、何か刺激が欲しいし、もっとワクワクできるような何かを求めてしまっています。

 

そこで私が考え付いたのが、動画サイトYouTubeで子供向け動画を投稿することです。

以前、在宅ワークを探しているときに偶然見つけたもので、すごく楽しそうだと思いました。

投稿した動画に、先ほど紹介したアドセンス広告を設定することでクリック数に応じた収入が得られるんです。

 

実は、この子供向け動画はうちの子供もよくYouTubeで見てます。本当に様々なものがあり、何かおもちゃを使って子供が遊んでいる動画から、人形を使っていろんな話を作ったり、とにかく子供が好きなキャラクターを使っての楽しい動画です。

 

動画自体は3分前後と短いものがほとんどですが、子供たちはそれに魅了されています。その仕事をする求人を見つけたときはこれはすごくいいと思いました。

 

子供があそこまで目を輝かせている動画を、自分が作れるなんて。

作り方は、動画を編集できる技能があれば出来ます。撮影はスマホでも良いので綺麗な画質で撮れるものを用意します。

 

そして自分で話を考えながら作成していきます。例えば人気キャラクターの人形が、お菓子を食べていく話。すごくシンプルですが、このお菓子も子供が好きなものにして、もちろん声も付けていきます。

 

それだけなのに自分次第で子供にはすごく面白い動画になります。

何をしようか悩んでいる人は、子供たちが目を輝かせる動画を作ってみてはいかがでしょうか。

自宅で仕事!簡単に稼ぐ方法3点と注意点

自宅で仕事をしたいと考える時ってありますよね。病気がちで、普通の会社勤めでは務まらない、小さな子供がいる、通勤が苦痛など、色々な理由があるでしょう。

在宅でお金を稼ぐとなると、昔ながらの内職仕事や在宅のライターなどがありますが、どちらもすぐに稼ぐことは難しいでしょう。また、外で働くことと比べて、金額的に少ないこともデメリットですよね。

 

そんな方におすすめしたいのが、アイデア次第で、自宅で稼ぐ方法です。では、どんなものがあるのでしょうか。

1.化粧品の感想

1つめは、美容関連の仕事です。モニター登録をしてパソコンやスマホから、化粧品の使用感などの感想を答える仕事です。1件で3,000円程度の料金ですから、月に数件でもちょっとした金額になりますね。

ただし、購入をすすめてくるような場合には注意が必要です。

2.チャットの内職

2つめは、チャットレディです。実際に会わなくても、パソコンを使って男性と会話をしたり、チャットをしたりする仕事です。少々、怪しい気配も漂いますが、ノンアダルトでも時給3,000円程度と金額的には、大きな稼ぎになります。

3.LINEスタンプの販売

3つめは、特技を生かすクリエイターの仕事です。例えば、イラストが書けるならLINEスタンプを作って販売するのはどうでしょうか。

絵は苦手という人も、アイデア次第でウケるスタンプを作ることができます。クリエイター登録など、手間もかかりますが、ヘタウマでも一攫千金のチャンスが広がっています。

 

また、同じクリエイターの仕事として、手芸の技術でアクセサリーをネット販売する方法もあります。

問屋で購入したアクセサリーグッズを自分でアレンジして、写真をネットにアップして購入してもらいます。手作り雑貨のサイトやオークションサイトで販売できるので簡単です。チャレンジしてみましょう。

アナログが逆に注目されている筆耕の内職

在宅ワークでもっと稼ぎたいと言う場合に、筆耕(ひっこう)というバイトはいかがでしょうか。

アナログである手書きの方が、現在では貴重だとされているので、結構、バイトも探すことが出来ます。

 

私のレベルではコンスタントに受注が来る状態ではありませんが、空き時間を活用して行えるのでちょうど良いペースでバイトをこなしていける魅力があります。

 

初めて、バイトとして行ったのは知り合いの会社の年賀状の宛名書きでした。

住所録を受け取っているので、丁寧に間違いのないように書くだけです。

 

注意をしていることは、旧字体を使っている場合に確認をすることや敬称の言い回しです。

元々、子供のころから書道を習っていたこともあり、書くことは好きでしたから、すんなり始められましたね。

 

その他には、珍しいところでは寺院で準備するお札に名前と年齢を書くバイトも緊張しつつ行いました。

こちらは、ご利益があるものですのでより真心を込めて書きました。

 

その他、クラウドソーシングで募集がある場合に、応募をしてみたりしています。

デジタルの時代だからこそ、手書きでしか得られない魅力や味わいがあるので、筆耕と言うバイトが存在していると思います。

 

自宅で行えるので、納期を守れるように配分を計画しておけば、着々とこなしていけるようになります。

もちろん、バイトですが手書きを行うというのは、集中力も欠かせません。

 

そのためには、家庭の中でも落ち着いた時間と場所を確保できることは必要かと思います。

心身共に落ち着いている環境でないと、その乱れが文字に出てしまうのでそれは心がけるようにしています。

描いた絵やマンガを売りに出してお小遣い稼ぎ

私は、絵を描くことやマンガを描くことが好きでネット上に公開をしていましたが、そのうち小説同人誌の表紙を描いてくれないか..という依頼が来るようになりました。

 

自分の絵にはお金を出す価値があるのだとわかったことが嬉しくて、以来自分でも同人誌を出したり依頼を受けて原稿を描くようになり、時間があるときには絵を描いてお小遣い稼ぎをしています。

 

こうした絵の世界は実力だけではなく流行の絵柄を描くことができるか、ファンアートや二次同人誌であれば需要のあるジャンルを嗅ぎ分けて売りに出せるかどうかでかなり売り上げが変わってきます。

年間数十万円程度見込める内職だと割り切れば、本を5冊も出せばそれほど難しいことではありませんし、ほんの一握りではありますが当たれば一気に大金が手に入り、確定申告で消費税を支払わなければならないほどの売り上げも見込める世界です。

趣味の一面が強いので、時間があるときの息抜きに描いたものを売りに出すという意味でも楽しみながらお金を稼ぐことができます。

 

最近ではイラスト案件が充実しているクラウドソーシングサービス「 ココナラ 」がありますから、クライアントとネット上でやり取りをして絵の仕事を請け負うことも可能です。

またpixivなどのイラストSNS上から仕事を募集することもできます。自分の実力と売り出しかた次第で如何様にも仕事の幅を広げることができますから、とても面白い世界だと思っています。

 

もちろんどんなに楽しくても依頼を受けたものは責任を持ってこなすこと、盗作やトレスなどは絶対にしないことなど最低限の常識は持っていなければなりませんが、在宅でできる仕事の一つとして自分のペースで作業できる点はありがたいです。